Categories
Non classé

面倒事を押し付けようとばかりする店長

私は以前、コンビニエンスストアでアルバイトをしていた時期があります。
その時の店長さんが、私に面倒事を押し付けようとばかりする人だったのです。
店長さんは整理整頓が苦手らしく、倉庫の中に適当に物が置かれていました。
それを私に、すぐに欲しいものが取り出せるように、整理をしてほしいと頼んできたのです。
自分としては整理整頓は好きだったので、まあいいかなと思いました。
しかしあまりにも物が適当に置かれていて、どう整理したらいいか、頭の中を整理するのに時間がかかってしまったのです。
それでもやっとわかりやすく整理することができ、その時に達成感は言葉では表せないほど爽快なものでした。
またある時は、店長さんが商品の発注ミスをしたらしく、私にそのミスを訂正してくれと頼んできたのです。
自分がミスったんだから、自分で訂正してくれよと思いましたが、アルバイトの身なので、黙って従いました。
発注ミスは商品の種類や数など多岐に渡っており、頭がこんがらがりそうになったのです。
先方には嫌味を言われたりして、なんでミスをしていない自分がこんな思いをしなくてはならないのだろうと、心の中で憤りがふつふつと湧いてきてしまいました。
ですがこの店長さんのおかげで、仕事のやりがいのようなものを体験することができ、今ではいい思い出となっています。