Categories
Non classé

面倒事を押し付けようとばかりする人の対処法は最初から引き受けないこと

面倒事を押し付けようとばかりする人の対処法としては、とにかく最初から引き受けないことが何よりも大事です。一度引き受けてしまえば、その人にとって都合のいい人間リストに入れられてしまいます。今後も体よく利用されていくだけで、感謝も見返りもありません。もし次の頼み事を断ったとしても「前は引き受けてくれたのに」と怒るだけで、自分のことを省みることもありません。一番初めにこの人は面倒事の押し付けられない相手だ、と強く印象付けるのが肝心です。

もし一度引き受けてしまった場合は、より強い、とにかく断固拒否する姿勢が必要となります。一回は押し切れたという経験があるだけに、その人もなかなか引き下がりません。どうにかすれば引き受けてくれるだろうと、ごねたり他の人を通して説得させようとしたり、あの手この手を使ってくるので非常に厄介です。できることなら周囲を味方につけておきましょう。こういうタイプの人間は要領よく生きていくことに執着しているので、分が悪いとなるとアッサリ引き下がります。逆に、先回りされて周囲がその人の方の味方となってしまうこともあるので、そうなる前の対処が必要です。相手も世渡りがうまいだけに、こっち側もそれなりの駆け引きで対抗しなければいけません。